ペットフードに含まれる栄養としては、
筋肉を作るために必要となる
タンパク質があります。

 

さらに、丈夫な骨を作るために
欠かすことができないカルシウムなどの
ミネラルもバランスよく配合されています。

 

犬

 

キャットフードやドッグフードがあることで、
栄養管理がとても楽になりました

 

総合栄養食と呼ばれるペットフードは、
犬や猫の健康を維持するための成分が
余すことなく配合されているものです。

 

 

人間の食べるものはペットには塩分過多

 

完全に栄養管理が行き届いた
ペットフードを誰でも利用するようになったのは、
つい最近の出来事です。

 

昭和の時代までは、
残飯に味噌汁をかけた猫まんまが
犬や猫の餌の定番でした。

食事の残り物を無駄にしないための
知恵ではありましたが、

猫や犬にとっては塩分を摂り過ぎてしまう
弊害を受けることになりました

 

特に、猫の腎臓機能は
人間や犬よりも劣っているものですから、
塩分の摂り過ぎに配慮した
キャットフードを食べさせることが大切です。

 

タウリンやメチオニンなどの各種のアミノ酸を
手作りの餌から摂取するのは難しいのですから、
ペットフードを利用したほうが便利です。

 

ビタミン類もバランスよく
配合されているペットフードには、

動物の免疫力を強化させる効果もありますから、
積極的に利用したいものです。